スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

no title

こうゆう仕事がら 3、 4 日に一人は 関東から被災された方々が食べに来られまして いろいろ現場の生のお話を聞かせてもらってます。
先日は 高田で一人暮らしだったお婆ちゃん…

友達 親類 ほとんど亡くし 足手まといにもなるし もう このままでかまわないと諦めてたらしいですが、 お子さんたちが 迎いにきてくれて 富田林に来たと…
おもわず「ごめんなさい
関西人 あまり 危機感 関心 ないでしょ~ 気ぃ~悪くしてません?」

すると お婆ちゃん…「いえいえ 感謝してます ちゃんと こんな 一人の 年寄りのために 住むとこも紹介してもらって ほんと ありがとう」 と

やるやん!富田林!

お婆ちゃんは戦争で身内を亡くしてるんやとか…

でも なぜか あの時は 今より 物もお金もないのに 根拠のない 自信と希望 みたいなんがあったんやと…
だけど この震災は 戦時中より ある程度 物もお金もあるのに 希望がないし むしろ 絶望感があると…

「絆」とか「分かち合う」とか 今回は さすがに 味わった人にしか わからないと… 酸いも甘いも味わった人でさえ 味わったことのない 心の傷みがあると…
なおさら 子供たちの心を思うと… て話でした。

しばらく ボクも言葉が出なかった…

最後に言われたんが お願いやから ボクらの時代で原発をとりあえず止めて!! と
子供らのために…


止めなアカン止めな!! 絶対に!!
さらに 青白い炎が ヒートアップした!

お婆ちゃん!! やるでぃ!! 見とってや!!

| 未分類 | 09:14 │Comments0 | Trackbacks0編集

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurashiya53.blog58.fc2.com/tb.php/842-9f4d08bd

| main |

プロフィール

暮らし屋

Author:暮らし屋
〒584-0093
富田林市本町12番10号
072-125-1363
090-2358-0443
(不定休)

---------------------
自然食品店
OPEN 10:30
CLOSE 21:00


---------------------
玄米菜食レストラン
OPEN 11:30
CLOSE 21:00

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。